秘書士

秘書実務の専門技能と社会人基礎力、自己管理力を備え、秘書として、スタッフとして活躍し、業務を遂行するための情報管理・接遇応対スキルを発揮できる人材です。

資格取得までの流れ

  • 高校
  • JAUCBに入会する4年制大学・短期大学
  • 規定の科目・単位を履修
  • 必修科目・選択科目をあわせて16単位以上
  • 秘書士

この資格をいかせる職種・業務

企業幹部秘書

社長や役員といった企業幹部が自らの業務に専念できるよう、スケジュール管理、出張手配、来客接遇、各種文書作成、情報収集・管理などを代行します。また、企業の中枢の業務に接することができるのも大きな特徴です。上級秘書士資格を取得したうえで業務経験を積めば、この職種につける可能性はより高くなります。

一般事務、営業事務、総務

ゼネラリストとして企業のサポートやコーディネートをおこないます。なお、営業をサポートする営業事務においては、上級秘書士・秘書士資格をもつ人材の活躍がますます期待されています。

インストラクター

企業の研修部門でマナーインストラクターなどとして、言葉づかい、接遇のしかた、慶弔・贈答のマナーといった、ビジネスシーンにおけるさまざまな基本について教育・指導します。

この資格のアピール・ポイント

上司とのペアワークを中心とした秘書の仕事を理解し、秘書実務に必要な対人業務・情報業務などの知識・スキルを養い、上司や企業の視点から課題を理解し、組織のセンサーとなり、パワフルな組織づくりに貢献する人材です。

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

領域・資格到達目標の区分必修科目の単位数選択科目の単位数合計単位数
領域1 秘書実務全体に必要な対人業務・情報業務・一般常識などに関する知識・スキル・態度、それを活用する実務実践力の基本とその学修力を身につけている。 2単位以上 10単位以上 16単位以上
領域2 幅広い秘書実務に対応できる学びの基礎能力や社会と自分を知る力を備えている。 2単位以上
領域3 学びの基礎能力や実務実践力を活かして取り組む課題解決の学修活動を通して、多様な職業能力の基盤となる課題発見・解決力の基礎と学びの継続力の重要性を理解している。 2単位以上

資格取得者の就職先アンケート

産業分類職種業種
製造業 一般事務、経理、総務 プラスチック簡易食品容器の製造・販売、上下水道・ガス管用特殊継手等の製造・販売、産業用熱交換器の製造・販売、海洋・陸上プラントの受配電等製造・販売
情報通信業 一般事務、OAインストラクター 情報システム開発・処理受託
卸売業、小売業 店舗販売、営業・企画 オフィス家具・事務用品の販売、自動車部品等の卸売
金融業、保険業 窓口業務 信用組合
生活関連サービス業、娯楽業 ウェディングプランナー 結婚・披露宴会場

公務
(他に分類されるものを除く)

警察官 警察官

会員校・ご入会希望の方へのコンテンツ

秘書士の規程を見る

ほか、 規程申請書式 を見る