プレゼンテーション実務士

あらゆるビジネスシーンで必要とされるプレゼンテーション能力が身につきます。

資格取得までの流れ

  • 高校
  • JAUCBに入会する4年制大学・短期大学
  • 規定の科目・単位を履修
  • 必修科目・選択科目を合わせて16単位以上を履修し、到達目標を達成すること
  • プレゼンテーション実務士

この資格をいかせる職種・業務

営業、販売

新規顧客の開拓や既存顧客のフォローといった形で、それぞれのニーズに最適な製品やサービスを提案します。

一般事務

電話応対、来客接遇、文書作成、伝票処理、物品購入など、さまざまなオフィスワークをおこない、企業活動が円滑にすすむようサポートします。業務の中で上司への報告や説明など、プレゼンテーション実務士を取得する際に身につけた技能が役立ちます。日々の業務の中で必要になる上司への報告や提案、新たな企画の説明等、幅広く業務に活用します。

この資格のアピール・ポイント

・職種・業務を問わず、あらゆるビジネスシーンで必要とされるプレゼンテーション能力が身につきます。
・口頭表現、身体表現、内容構成、資料作成など、さまざまな角度から向上を図ることによって、仕事の結果や人間関係のありかたに、よりよい影響をもたらすことができます。

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

領域・資格到達目標の区分必修科目の単位数選択科目の単位数合計単位数
領域1 プレゼンテーション実務に必要な基礎知識・スキル・態度、効果的なプレゼンテーションに必要な情報ツールの活用の仕方の基本を身につけている。 2単位以上 10単位以上 16単位以上
領域2 幅広いプレゼンテーション実務に対応する働く基礎能力や社会と自分を知る力を備えている。 2単位以上
領域3 学びの基礎能力やプレゼンテーションの実務学修活動を通して、多様な職業能力の基盤となる総合的な実務実践力と学びの継続力の重要性を理解している。 2単位以上

資格取得者の就職先

産業分類職種業種
情報通信業 一般事務、システムエンジニア、販売 情報サービス業、放送業、新聞業、通信業
卸売業、小売業 一般事務、薬局事務、営業、販売、通信販売業務 飲食料品小売業、アパレル業、建築材料等卸売業、眼鏡等小売業、家具小売業、携帯電話小売業、化粧品小売業、自動車小売業、調剤薬局、電化製品小売業
金融業、保険業 一般事務、金融事務 銀行業、信用金庫、保険業
教育、学習支援業 一般事務、教育事務、司書 幼稚園、図書館、水族館
医療、福祉 一般事務、医療事務、歯科助手 病院、歯科診療所、臨床検査業
製造業 一般事務 電子部品等製造業、食料品製造業、窯業等製品製造業
運輸業、郵便業 客室乗務員、車掌業務、グランドホステス 鉄道業、道路旅客運送業
複合サービス事業 一般事務 協同組合

サービス業
(他に分類されないもの)

一般事務 労働者派遣業、経済団体

公務
(他に分類されるものを除く)

行政事務、警察事務 地方公務

会員校・ご入会希望の方へのコンテンツ

プレゼンテーション実務士の規程を見る

申請書式を見る