情報処理士

情報実務上の課題を把握し、その解決に向けて自らソフトウェア操作、インターネット活用、データ管理などを行い、情報を収集・活用し、様々なスタッフと協力して課題解決に貢献できる人材です。

資格取得までの流れ

  • 高校
  • JAUCBに入会する4年制大学・短期大学
  • 規定の科目・単位を履修
  • 必修科目・選択科目をあわせて16単位以上
  • 情報処理士

この資格をいかせる職種・業務

システムエンジニア、プログラマ、システムの運用・管理

企業における業務に関して、ヒアリングや調査を実施し、その内容をもとに、情報システムの企画・設計・開発などをおこないます。また、情報システムのユーザー側の運用・管理などもおこないます。

一般事務、営業事務

パソコンや情報システムを活用して、効率的かつ効果的に仕事をすすめます。自分の仕事はもちろん、部署の仕事の業務改善などを、パソコンを活用して推進するなど、情報化推進リーダーの役割をはたします。

システムサポート、インストラクター

情報商社や情報系企業において、パソコンやネットワークの導入を支援するサポート業務や、ユーザーにパソコンやソフトウェアの使用法を教育するインストラクター業務をおこないます。また、ユーザーからのパソコンやネットワークについての問い合わせに対応する業務もおこなえます。

この資格のアピール・ポイント

確かな情報実務能力を備えていることに加え、多様な業務に生きる課題発見・解決力を養い、さまざまなスタッフと協力しながら、結果を出すことができ、IT化が進む現代社会において、より高度なビジネス活動ができる人材です。

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

領域・資格到達目標の区分必修科目の単位数選択科目の単位数合計単位数
領域1 情報実務に必要な知識・スキル・態度、それを活用する実務実践力の基本とその学修力を身につけている。 2単位以上

10単位以上

16単位以上

領域2 幅広い情報実務に対応できる学びの基礎能力や社会と自分を知る力を備えている。

2単位以上

領域3 学びの基礎能力や実務実践力を活かして取組む課題解決の学修活動を通して、多様な職業能力の基盤となる課題発見・解決力の基礎と学びの継続力の重要性を理解している。 2単位以上

会員校・ご入会希望の方へのコンテンツ

情報処理士の規程を見る

ほか、 規程申請書式 を見る