ビジネス実務士

ビジネス実務全般に必要な情報業務や対人業務のスキルと実務実践力の基本力を備え、学びの基礎能力や実務実践力をフル活用し、即戦力として課題の発見・解決に奮闘を続ける能力を有する人材です。

資格取得までの流れ

  • 高校
  • JAUCBに入会する4年制大学・短期大学
  • 規定の科目・単位を履修
  • 必修科目・選択科目をあわせて16単位以上
  • ビジネス実務士

この資格をいかせる職種・業務

銀行事務

おもに窓口業務(テラー業務)をおこないますが、上級ビジネス実務士・ビジネス実務士資格を取得する際などにつちかった、経済・経営知識、対人スキル、簿記会計技能をフルにいかし、接客や経理業務をおこなうこともあります。

経営コンサルタント事務所総合職

経理業務をおこなうほか、顧客を訪問したうえでコンサルタント業務をおこないます。クライアントとの面談の際には、上級ビジネス実務士資格を取得する際に身につけた数々の技能と教養が大いに役立ちます。

営業、販売

官公庁、企業、個人などに製品やサービスを売りこんだり、百貨店、量販店、専門店の来店客などに商品を提案します。いずれの職種も顧客のニーズを的確に読みとることがもとめられます。

この資格のアピール・ポイント

ビジネスに必要な情報業務や対人業務の知識とスキルを備え、学びの基礎力と実務実践力を生かして、問題の発見と解決のための実践力を発揮します。

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

領域・資格到達目標の区分必修科目の単位数選択科目の単位数合計単位数
領域1 働くために必要な基礎能力を身につけ、社会と自分の関係を理解している。 2単位以上 10単位以上 16単位以上
領域2 総合的学修の体験を通じて、キャリアと能力開発の
方向性を明確にすることができる。
2単位以上
領域3 学びの基礎能力や実務実践力を活かして取組む課題解決の学修活動を通して、多様な職業能力の基盤となる課題発見・解決力の基礎と学びの継続力の重要性を理解している。 2単位以上

資格取得者の就職先アンケート

産業分類職種業種
製造業 一般事務、栄養士 製薬会社、食品会社
製薬会社、食品会社 一般事務 テレビ局、情報サービス
運輸業、郵便業 運輸事務 運輸
卸売業、小売業 一般事務、営業、販売、栄養士 自動車会社、アパレル、委託業、薬局
金融業、保険業 窓口業務 銀行、信用金庫、保険業
宿泊業、飲食サービス業 フロント、栄養士 ホテル
生活関連サービス業、娯楽業 一般事務 冠婚葬祭
教育、学習支援業 教員、図書司書、スポーツインストラクター 幼稚園、英語塾、バレエ教室、健康クラブ
医療、福祉 保育士、栄養士、生活指導員 保育所、病院、社会福祉施設

複合サービス事業

一般事務 JA

会員校・ご入会希望の方へのコンテンツ

ビジネス実務士の規程を見る

ほか、 会員規程、申請書式 を見る