上級ビジネス実務士(サービス実務)

接客業に欠かせないサービス実務の基本について理解を深めるとともに、創意工夫をもってお客様を接遇する応対力、内外のスタッフと協調して新しいサービス価値を創造する実践力などを習得し、あらゆるサービスの現場で即戦力となる人材です。

資格取得までの流れ

  • 高校
  • JAUCBに入会する4年制大学・短期大学
  • 規定の科目・単位を履修
  • 必修科目・選択科目をあわせて24単位以上
  • 上級ビジネス実務士(サービス実務)

この資格をいかせる職種・業務

銀行事務

おもに窓口業務(テラー業務)をおこないますが、上級ビジネス実務士・ビジネス実務士資格を取得する際などにつちかった、経済・経営知識、対人スキル、簿記会計技能をフルにいかし、接客や経理業務をおこなうこともあります。

経営コンサルタント事務所総合職

経理業務をおこなうほか、顧客を訪問したうえでコンサルタント業務をおこないます。クライアントとの面談の際には、上級ビジネス実務士資格を取得する際に身につけた数々の技能と教養が大いに役立ちます。

営業、販売

官公庁、企業、個人などに製品やサービスを売りこんだり、百貨店、量販店、専門店の来店客などに商品を提案します。いずれの職種も顧客のニーズを的確に読みとることがもとめられます。

領域・到達目標の区分と履修すべき単位

領域・資格到達目標の区分必修科目の単位数選択科目の単位数合計単位数
領域1 ビジネス(事業)に関する知識・スキルの基本を修得し、社会人基礎力と自己管理力を発揮して個人・協働業務においてビジネス実務を実践し、学びを継続することができる。 2単位以上 16単位以上 24単位以上
領域2 専門知識・スキル(サービス実務力)を修得し、専門的実務実践力を活用して変化するビジネス環境に対応して成果を出すことができる。 4単位以上
領域3 ビジネス実務知識・スキルを活用して取組む総合的学修活動を通して、多様な職業能力の基盤となる課題発見・解決力と学びの継続力の重要性を理解している。 2単位以上

会員校・ご入会希望の方へのコンテンツ

上級ビジネス実務士(サービス実務)の規程を見る

申請書式を見る