資格教育課程認定申請手続き(新規)

申請する「資格」ごとに次の書類を作成し、指定住所へ提出(送付)します。

A.到達目標を定めた資格

B.到達目標を定めていない資格

該当資格

実践キャリア実務士、ビジネス実務士、上級ビジネス実務士、上級ビジネス実務士(国際ビジネス)、上級ビジネス実務士(サービス実務)、秘書士、上級秘書士、上級秘書士(国際秘書)、上級秘書士(メディカル秘書)、情報処理士、上級情報処理士

2019年度以降:
プレゼンテーション実務士、園芸療法士、
こども音楽療育士、ウェブデザイン実務

社会調査アシスタント、社会調査実務士、観光ビジネス実務士、環境マネジメント実務士、上級環境マネジメント実務士、保育音楽療育士、ボランティア実務士、国際ボランティア実務士、NPO実務士、生活園芸士、カウンセリング実務士

2018年度まで:
プレゼンテーション実務士、園芸療法士、
こども音楽療育士、ウェブデザイン実務

提出書類

資格教育課程認定申請書(様式②-1)

大学の教育理念、教育目標、3つの方針と資格の位置付、教員・施設設備の状況(様式②-2)

教育課程編成表(様式③), Word 

・資格必修科目に該当する科目のシラバス


(大学独自の評価表を使用する場合)
・到達目標評価表


(こども音楽療育士、園芸療法士、ウェブデザイン実務士を
2019年度以降に申請する場合は、次の様式4、様式5も必要です。

専任教員履歴・業績調書(様式4)

・施設設備調書(様式5)
 こども音楽療育士  園芸療法士
 ウェブデザイン実務士
 

教育課程認定申請書(様式2)

教育課程届出表(様式3)

資格必修科目のシラバス(様式3S)及び選択科目の大学のシラバス等の写し

専任教員履歴・業績調書(様式4)

施設設備調書(様式5)

 ボランティア関係)施設設備調書(様式5)

教育体系説明書(様式6)

 

ただし、観光ビジネス実務士の申請に、専任教員履歴・業績調書(様式4)は不要ですのでご留意ください。

部数

原本のほか、複写を6部 計7部

期限

資格教育課程実施前の7月25日又は1月25日

提出先

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-2-12第三東郷パークビル2F

一般財団法人全国大学実務教育協会

資格教育課程認定申請手続要項

申請書類の作成のポイント

■A.到達目標を定めた資格
①資格教育課程認定申請書(様式②-1)・・・資格ごとに作成します。なお、同じ資格でも異なった教育課程で申請する場合は、異なる教育課程ごとに申請書が必要です。
②大学の教育理念、教育目標、3つの方針と資格の位置付、教員・施設設備の状況(様式②-2)・・・資格ごとに作成します。なお、同じ資格でも異なった教育課程で申請する場合は、異なる教育課程ごとに申請書が必要です。
③教育課程編成表(様式③)・・・各資格認定規程第3条、第11条に基づき、各資格のガイドラインA,B,Cを熟読のうえ、大学が開設している科目を配置し、資到達目標のもと教育課程を編成してください。また、ガイドラインAの「3.新たな資格教育課程編成の留意事項と具体的なすすめ方」の記入事例1,2をご確認ください。

■B.到達目標を定めていない資格
①教育課程認定申請書(様式2)・・・資格ごとに作成します。なお、同じ資格でも異なった教育課程で申請する場合は、異なる教育課程ごとに申請書が必要です。

②教育課程届出表(様式3)・・・各資格認定に関する規程第3条に基づき、教育課程ガイドラインを熟読のうえ、大学が開設している科目を配置し、教育課程を編成してください。

③資格必修科目のシラバス(様式3S)・・・審査では、必修科目のシラバスは、学修の到達目標(ガイドラインが示す具体的な学修目標)から読みとります。

科目区分

申請に際してシラバス(様式3S)を必要とする資格

必修科目

社会調査アシスタント、社会調査実務士、

観光ビジネス実務士、

環境マネジメント実務士、上級環境マネジメント実務士、

こども音楽療育士、保育音楽療育士、

ボランティア実務士、国際ボランティア実務士、

NPO実務士、

生活園芸士、園芸療法士、

カウンセリング実務士、

必修科目及び選択必修科目

ウェブデザイン実務士、プレゼンテーション実務士

「プレゼンテーション実務士」

「必修科目及び選択必修科目のうち必修科目1科目以上を含む3科目以上は100点満点で70点以上、もしくは70点以上に相当する評価点を得たものでなければならない」

「カウンセリング実務士」

「必修科目の『カウンセリング実務演習Ⅰ』及び『カウンセリング演習Ⅱ』の演習2科目については100点満点で70点以上、もしくは70点以上に相当する評価点を、また、同じく必修科目の『カウンセリング実務実習』については80点以上、もしくは80点以上に相当する評価点を得て、卒業もしくは修了するものでなければならない」

「ウェブデザイン実務士」

「必修科目『ウェブデザイン演習』については、作品のWeb上の公開とともに、100点満点で70点以上、もしくは70点以上に相当する評価点を得たものでなければならない」

専任教員履歴・業績調書(様式4)・・・研究業績は、審査対象の担当科目に関連のある業績のみ記載してください。

※この書類には、当該教員が審査を受ける当該科目について、その内容を記載した書類(様式3S)を添付する必要があります。

⑤施設設備調書(様式5)・・・施設設備調書は、「基本」のほか、「音楽療育関係」「ボランティア関係」「園芸関係」の4種あり、音楽療育関係、ボランティア関係及び園芸関係の資格については、それぞれ専用の調書を用いて作成してください。

教育体系説明書(様式6)・・・・資格ごとに作成します。なお、同じ資格でも異なった教育課程で申請する場合は、異なる教育課程ごとに説明書が必要です。

資格教育課程を始めるときの提出書類とセットの仕方

A.到達目標を定めた資格

B.到達目標を定めていない資格