プレゼンテーション実務士

端的かつ具体的に伝えられる日本語表現や口頭・身体表現、説得力をもたせられる内容構成や進行方法、興味を感じさせられる資料作成やツール活用などを習得し、商品やサービスの企画立案において、より魅力的なプレゼンテーションができる人材を養成します。

プレゼンテーション実務士を目指せる大学はこちら

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

活躍できる職種

企業の商品開発部門や広報部門のプランナー、プロモーター、営業など

履修すべき科目・単位

1.必修科目(2科目4単位以上)
プレゼンテーション概論
プレゼンテーション演習
2.選択必修科目(3科目6単位以上)
応用プレゼンテーション演習
情報機器利用プレゼンテーション演習
文章表現
社会調査
大学の学びのための基礎演習
プロジェクト演習
3.選択科目(10単位以上)
プレゼンテーション能力の向上に資すると大学が判断する科目および単位数

プレゼンテーション実務士を目指せる大学はこちら 

Ⓝマークについて

平成25年4月から上級を含む三資格(秘書士・ビジネス実務士・情報処理士)をリニューアルしⓃマークをつけました。単位数、申請書類等が異なる従前の資格が併存していますのでご留意ください。

資格の商標登録について

詳しくはこちらをご覧ください。
どんな資格がある?
資格が取得できる大学を探そう
君の未来を発見
モバイルサイトのご案内